DARIEN BRUZE

East VS Westというコンセプトで西海岸のDeath Rowレーベルと東海岸のBad Boy Recordsレーベルのロゴを並べた、斬新なコラージュデザインがInstagramで話題を呼び、ミニサイトから商品がたちまち売り切れる事態を巻き起こした。
その後NYのVFiles、LAの424などで商品が展開され、Drakeがエアブラシシリーズの「Selena」のT-Shirtを着用したことなどで一気に知名度を上げていったが、ハンドメイドのT-Shirtシリーズからもわかるように、一つ一つ丁寧にクオリティーのあ有る物を作り上げることを目標にし決して大量生産しないというブランドの理念によって常に市場で希少価値を保ち続けている。
ブランドは現在、東海岸にDarien Bruze本人、そして生産とPRの拠点をLAに置き活動しているが、LAのスタッフはFutureとTravis Scottのイメージ作りに重要なスタイリスト・コンサルタントとしての仕事をしており、新商品をヒップホップ最前線のアーティスト達が着用することも多い。
現在は希少性を保つ為アメリカ国内での店舗取り扱いを避け、自分たちのウェブとLAのショールームでの限定発売のみとしているが、商品のコンセプトによってポップアップの様なピンポイントな販売網を設けることも予定している。

会員限定2%ポイント還元!新規会員登録はコチラ